\当事務所の特徴/

当事務所の弁護士は、離婚問題の豊富な実績があります。

お客様から、「依頼して良かった」と仰っていただけるよう、最良の解決を目指し、その過程も配慮した法的サービスをご提供します。

弁護士歴10年以上離婚問題の解決実績が豊富な弁護士が、大切な人生の岐路に立つお客様とお子さまの人生の再スタートをサポートいたします。


結果にこだわります!相場の2倍獲得も

最大限の利益の獲得がモットーです。
離婚における財産分与・養育費等の金銭請求、不貞慰謝料請求はお任せください。


交渉だけでなく調停・裁判にも対応

交渉だけ受任したり、交渉の範囲を絞る法律事務所もあるようですが、当事務所では、調停・訴訟全てに精通しております

弁護士が対応します

当事務所は事件処理を事務員任せにせず、弁護士が責任を持って対応します
「途中で弁護士と連絡が取れない」というご心配はありません。

明確な弁護士費用

弁護士料金が不透明にならないよう見積書等を発行して、ご不安を抱えることがないようにしています。

\サービスの内容/

~あなたは今どの相談段階にいますか?


ご相談段階

  • 離婚についての知識を得たい
  • 離婚後の生活設計をしてから離婚するかどうかを決めたい
  • 離婚条件を考えたい

このような方は、法律相談をお申込みください。

ご希望に応じて、離婚までの具体的なプランをご提案いたします。

協議段階

  • 相手が離婚に応じてくれない
  • 相手との協議が進まない
  • 離婚条件に折り合いがつかない
  • 調停や訴訟に進む前に話し合いで離婚したい

このような方は、離婚協議(交渉)をご依頼ください。

煩わしい交渉事を、弁護士に全てお任せいただけます。

調停、審判段階

  • 離婚協議がうまくいかなかった
  • 相手から調停を申し立てられた
  • 相手と連絡が取れない

このような方は、離婚調停の代理をご依頼ください。

協議離婚ができなければ、調停を申し立てることが必須です。
調停は家庭裁判所で行われ、専門的知識が必要になります。

調停委員はあなたの「味方」ではありませんので、不当な離婚条件に安易に同意しないためにも弁護士にお任せください。

訴訟段階

  • 離婚調停が不成立となった
  • 調停を無視していたら訴状が届いた


このような方は、
離婚訴訟の代理をご依頼ください。

離婚調停が不成立となり、相手が離婚に応じなければ、訴訟で解決しなければなりません。
訴訟は調停よりも専門的知識が必要になります。


解決事例の一部紹介

【1】モラハラの被害を受けている方の離婚を裁判和解で解決した事例

【2】子どもを配偶者に連れ去られたが、審判で子の引渡命令及び監護権を獲得した事例

【3】算定表以上の養育費の金額で協議離婚した事例

【4】相手方配偶者が財産分与請求権を放棄する旨の離婚を交渉で成立させた事例

【5】高額な不貞慰謝料の合意ができた事例


\大﨑美生弁護士がココナラ法律相談で「法律Q&A」へ回答しています/
―離婚問題編-

離婚について知りたい方はこちら